--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 犬ブログ チワックスへ
にほんブログ村
2015.02.10

びぎーさんが来た日のお話 ...*

二年ちょっと前の12月の夜、オットの単身先から帰り玄関をあけたら

息子たちが二人、リビングの床に顔を突き合わせて おでことおでこがくっつくくらいの近さで

寝そべっており 非常に驚きました。


うお! くらいは言うたと思います。






こんな感じ。

当時高校生のむすこが。

驚きます。




そのむすこ達の間にいたのが びぎーさんでした。




うお! どころではなかったです。



犬を飼う予定も そんな話も何もなかった我が家に 犬がいました。




聞くと 「ほっとけんかった」 とのこと。




「ほっとけんかった」 の詳細は あたしの

「かわいいいいいいいいいいーーーーー!!!!!」 にかき消され 詳しく聞いたのは後からですが。









これが初ショット。


思い出してもかわいい。






かわいい!ののち、まず思ったことは 

こんなに小さいのに モノみたいにアチコチやられるのはかわいそうだ、ということと

あたし明日仕事だ! ってこと。

当時まだ働いてたし 拘束時間も長かったので。



知り合いに ご両親の代から わんこのブリーダーをやってる人がいる事を思いだし

夜に失礼を承知で電話をかけ 開いててよかった近所のホームセンターでケージと

体が何かにもたれてた方が安心する、と聞いたので 小さめのわんこベッドと買ってきました。


ごはんは息子が前飼い主さんから奪って、あ。

いただいてきてたのでそれを。 (でかしたムスコ)


何もかもが変わってしまったら かわいそう、という気持ちが当時すごくあって

ごはんだけでも同じのが食べれてよかったーと思ったのを覚えてます。




子犬が短い間に居ていい家と飼い主が変わることに どんな気持ちになるのかわからないけど

ここにおっていいよーと強く思ったのを覚えてます。


たぶん息子達も。






そんなこんなで我が家にやってきたびぎーさん

はっきり言って 予定外だったびぎーさん

今じゃもう、あ、いや来てすぐからか。

かけがえのないびぎーさんです。

モノ言わぬわんこのチカラたるや、です。






びぎーさん、きみはうちに来てしあわせですか?








ホネホネうまうまーーー。









そーですか・・・・・( ゜∋゜)















スポンサーサイト
にほんブログ村 犬ブログ チワックスへ
にほんブログ村
この記事へのトラックバックURL
http://bgbgbgtan.blog.fc2.com/tb.php/3-0bec1d95
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。